金曜キネマ Vol.109 『マギー』 【ブログ】

不定期連載金曜キネマ。
第109回は『マギー』
2016年公開作品です。

あらすじは公式サイトより転載。

■STORY
感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来。
アメリカの田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)もこのウイルスに感染する。
その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。
そこで苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後どうなるかについて語られることはなかった。
ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は感染の診断を下されて姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。
家には継母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と下の子2人がいる。
ウェイドは実母を数年前に失くした大事なマギーを可能な限り手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。
しかしマギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行していき、キャロラインは2人の子供を連れて家を出た。
ウェイドは1人苦しむマギーを為す術もなく見守るだけだったが、決断の時は迫っていた…。

予告編はこちら→『マギー』予告編


「駄作」評アリ。
「名作」評アリ。

本日は賛否分かれるゾンビ映画のご紹介です。

まずはシュワルツェネッガーがゾンビ映画? という驚き。
人類をはじめ様々な敵と闘ってきた彼。
ついにゾンビと対決かと。
今度はゾンビ無双なのかと。

ここで第2の驚きです。
この作品、シュワルツェネッガーはほぼ闘いません!!

「シュワルツェネッガー×ゾンビ×親子愛」
それがこの『マギー』。

あらすじにもある通り、この作品でのゾンビ化はウイルスによる疾病。
定期的に診察を受け、進行度をチェックされ、医者に管理されています。
本来収容されるべきところ、自分の娘・マギーを隔離施設から連れ出したウェイド(シュワルツェネッガー)
彼女の腕には感染者に噛まれた傷。
今はまだ症状は進んでいないけれど、いつか彼女は自分の娘ではなくなってしまう。
そう分かっていながらも、ギリギリまで娘を守る。
彼はそう決心したのです。

マギーを自宅に連れ帰り、普通の生活をさせようとするウェイド。
マギーの友人たちもふさぎ込む彼女を励まそうと遊びに連れ出します。
しかし、ウィルスは彼女を容赦なく侵していくのです。
さらに、町で同じように感染者を自宅に連れ帰っていた一家には悲劇が。
ウェイドに、マギーに、彼らもまた迎えるであろう結末を突き付けるように。

そして変化していくマギー。
「食べ物の臭いがする…パパが料理をしているの?」
食欲がなく、いつもテーブルにはついても殆んど食べ物を口にしない彼女がそう言った時、キッチンは無人です。
もちろんそこに料理があるわけでもなく、目の前に継母がいるだけ…。
傷口は腐敗し、時に理性が働かず生きた動物を口にしてしまう。

疾病とはいえ、治療法はありません。
症状は一気に進むわけではなく、マギー自身が自分が少しずつ人とは違うモノになっていっている事を認識しているんですよね。
自覚がありながらゾンビになっていくという怖さ、切なさ。

自分を襲ったような感染者たちがいる隔離施設に収容されるのが恐ろしい。
自分が自分でなくなってしまうのが恐ろしい。
腐敗していく自分の身体が恐ろしい。
人を襲ってしまうかもしれない自分が恐ろしい。
愛する家族を襲ってしまうかもしれない自分が恐ろしい。

いつ完全に自分を失ってしまうのかわからないという恐怖の中、マギーは日々を過ごしているのです。
父親・ウェイドも様々な葛藤の中娘を見守っています。
自分の状況に怯えるわが子。
愛しているが故に守ろうとしているけれど、いつか必ず決断しなければいけないその時は来てしまう。
追い詰められた状況の中、やらねばならない事が頭では分かっていても心と行動がついて行かない親子を静かに見守る…という一風変わったゾンビ映画なんですね。

このマギーを演じたアビゲイル・ブレスリン。
とてもいいです。
恐怖や愛に心乱されながら、徐々にゾンビ化していくマギー。
その曖昧なボーダーラインを本当によく演じています。

闘わないシュワルツェネッガー。
闘わないどころか、あまり強そうでもありません(笑)
しかし、一般人シュワルツェネッガーはなかなかシブいですよ。

彼らが選ぶ道はどんなものなのか。
選択肢はあまりありません。
というわけで、意外性はないかもしれません。
いやー、しかし。
アビゲイル・ブレスリンの名演もあって、分かっていても切なくやるせない気持ちになります。
恐ろしいゾンビ映画ではありません。
親子のドラマです。

賛否分かれる作品ですが、私は好きです。
皆さんのお好みかどうかは分かりません(笑)

闘わないマッチョ。
言ってしまえば無駄にマッチョ。
試しに無駄マッチョを観てみるか…と思われた方は、是非。

皆様週末のご予定はお決まりですか?
たまにはゾンビなんて、いかがですか?


blog@ikd

~横浜の印刷会社「関東プリンテック」です。印刷でお困りの際はお電話ください~
〒236-0004 横浜市金沢区福浦1-12-10 TEL:045-783-2311(代)